コラム

風の時代に合う生き方を選択して、新しい価値感をインプットする

風の時代になり、モノへの執着を手放している人が増えているそうです。

 

仕事の面でも、時間や場所を自由に決めて

旅先々で仕事をするデジタルノマドというフリーランスが流行っています。

 

自由に生きることで、心豊かな暮らしができる

数十年前では考えられない新しい価値観ですよね。

 

真の豊かさとは、少なくても心から満たされていること

過去の私は、たくさんのモノやことに囲まれて生きてきました。

 

必要なものなのか、必要でないものなのか。

不明確なものに囲まれていると、

本当は何がしたいのか

何を大切にしたいのか、わからなくなるのです。

 

本当の自分自身を見失っていたのだと思います。

だから、豊かさとはほど遠い現実でした。

 

しかし、メンターの教材で学びを続けていくうちに

多くのものを所有することよりも

少なくても心が満たされていることが

真の豊かさであると思えるようになりました。

 

風の時代に大切なのは、加えることよりも除いていくこと

あなたにはやりたいことはありますか。

私にはまだまだやりたいことがたくさんあります。

 

そのためには、やりたいことをやりつつも

いかにやらなければいけないことを

排除していくかを考えて行動しています。

 

時間やエネルギーは有限だから、

できるだけ大切なことに使いたいのです。

だから、「しないこと」を決めました。

 

しないことを決めて行動すると、

自分が本当にやりたいことや

大切だと思うことが明確になってきます。

 

好きなことをして生きていく時代が来ています。

 

勝手な思い込みが、不都合な現実を創り出しているかもしれません。

 

本当にやるべきことは何なのか

本当はやりたいことは何なのか、

あなたもぜひ考えてみてください。

おすすめ教材

陰と陽の統合、愛と調和の周波数

-コラム

© 2022 華藤はすみ 公式サイト