コラム

HSCでも大丈夫!ママはあなたを守り抜きます

私は長男の嫁として地方に移住しました。

2世帯家族の同居です。

お互い歩み寄りながらの6年間、

なんとか上手く一緒に過ごしてきました。

 

しかし、今日はとても

悲しい出来事がありました。

 

義理の母との衝突です。

子育てに関して意見が食い違いました。

 

私は子育てをしています、

小学生の息子です。

 

息子は人より少し敏感なところがあります。

4月からクラスが変わり、担任も変わったことで

新しい状況に敏感に反応し不安になっていたのだと思います。

 

学校に行きたくないと

言い出しました。

 

今回が初めてではありません。

小学校入学時、

2年生のクラス替えのとき

春休みが終わってすぐ

などで言い出します。

 

そのたびに担任の先生と協力しながら

息子の心に寄り添って学校を休ませていました。

 

1日休ませると、心が落ち着いたのか翌日は登校する息子。

 

しかし、学校を休ませることに対して

今回は義理の母が私にこう言いました。

 

「休みグセをつけるのは躾に良くない

学校に行きたくないというたびに

あなたが守っても

大きくなったときに

強い子になれないわよ

母親がずっと守り通せることは

できないんだから」

 

私はこう言い返してしまいました。

「いくつになっても子どもを守れるのは親しかいません」

 

過保護と言われるかもしれません。

甘すぎるといわれるかもしれません。

 

それでもいいです。

 

命さえあれば、息子の笑顔さえあれば

それだけで十分なんです。

 

 

息子はHSCかもしれません。

HSCは医学的概念はなく、

生まれつきもっている性質を表した言葉だそうです。

人種や性別に関係なく、

5人に1人はHSCと言われていて

実は多くの人がもっている性質だと書いてありました。

 

私の育て方が原因でHSCになってしまったのかと、不安になった時期もありました。

でも母親の不安は子どもに伝染します。

子どもは、母親の感情を常に感じているからです。

 

だから、まずは母である私が

いつもご機嫌で自分を高めていけば

息子にもそれが伝わって、

息子も自信をもってくれると

そう、信じています。

 

波動同調の法則です。

宇宙の法則だからです。

 

こんな考え方ができるようになれたのも

メンターとひまわりさんの教えがあったおかげです。

 

教えがなかったら、私は息子に対して

引きずってでも学校にいかせていたかも知れません。

〇〇でなければいけないと

常にジャッジして息子を追い込んでいたかもしれないからです。

 

メンターとひまわりさんには

本当に感謝しています。

 

いつも愛あふれる尊い教えを

ありがとうございます。

 

今は息子が学校に登校できないときは

私も仕事を休んで一緒にいて安心させてあげています。

 

在宅で独りで稼ぐことができれば

こういったことも全て解決できるのだろうと強く思いました。

 

より一層、独りひっそりビジネスで成功をする!!!

と強く決心した日でした。

 

これからも全力で自己投資をして

メンターとひまわりさんから

独りひっそりビジネスを一生学び続けます。

 

最後まで読んでくださり

ありがとうございます。

おすすめ教材

陰と陽の統合、愛と調和の周波数

-コラム

© 2022 華藤はすみ 公式サイト